中原道夫略歴



1951年(昭和26年) 新潟県西蒲原郡岩室村和納に生まれる。
1974年(昭和49年)   多摩美術大学卒業。
(株)マッキャンエリクソン博報堂へ入社。
1980年(昭和55年)   社内の俳句同好会にて俳句を作り始める。
当時「馬酔木」の編集長だった福永耕二より指導を受けるが同年、耕二病死。
耕二亡き後は「沖」同人久保田博の指導に代わり、博の薦めにより「沖」へ入会。
1982年(昭和57年)   「沖」へ投句開始。
1984年(昭和59年)   「白魚のさかなたること略しけり」他の句でその年の巻頭を2回取り、第12回「沖」新人賞受賞、同人となる。
1986年(昭和61年)   59年に続いて2年連続「沖」俳句コンクール1位入賞。
1987年(昭和62年)   第1回「俳句研究」賞最終選考に残る。
上田五千石、藤田湘子に推されるが賞は逸す。
物議を醸したことで結果的には「俳句研究」誌から無名ながら30句の注文を頂く。
1989年(平成 元年)   第1句集『蕩児』(富士見書房刊)上梓。
同句集にて第13回俳人協会新人賞受賞。
「沖」珊瑚賞受賞。
新潟日報〈家庭欄〉に「中原道夫の食意地ーぬ日記」を1年半連載。
1993年(平成 5年)   第2句集『顱頂』(角川書店刊)上梓。
同句集にて第33回俳人協会賞受賞。
「沖」賞受賞。
共同通信〈俳壇時評〉を2年間担当。
毎日新聞〈俳句トピックス〉を1年間担当。
1994年(平成 6年)   毎日中学生新聞〈俳句ing Today〉を1年間担当。
3月『食意地ーぬ日記』(邑書林刊)を上梓。
1995年(平成 7年)   『沖俳句選集vo.6』(ふらんす堂刊)
『処女句集と現在』(邑書林刊)へ参加 。
1996年(平成 8年)   第3句集『アルデンテ』(ふらんす堂刊)上梓。
『現代俳句集成』第1巻(立風書房刊)へ作品収録。
1997年(平成 9年)   「俳句研究」読者俳句欄選者就任。
「銀化」前身誌「アルデンテ通信」発行。
1998年(平成10年)   1月、故郷新潟岩室温泉「綿屋旅館」にて新潟日報俳壇選者就任祝い。
席上「銀化」を創刊する決意を発表。
第4句集『銀化』(花神社刊)上梓。
同8月8日、俳句雑誌「銀化」0号発刊。
同10月10日、「銀化」創刊、主宰となる。


TOPへ戻る





inserted by FC2 system